GARMENT REPRODUCTION OF WORKES

BLOG

- November2011 -

FRANCEアンティークお散歩旅 [番外編]

こんにちはプレスの内藤です

11月26日発売のnu comfie vol.13で再び 海を渡る第2弾!

今度は「FRANCEアンティークお散歩旅」で掲載されております

 

 

そこで本日は FRANCEアンティークお散歩旅 [番外編] と題しまして、

今一度 旅の思い出を振り返りつつお送りしたいと思います

 

リル シュルラ ソルグにあるアンティークSHOP

入り口の印象とは違い、奥に広ーい建物で至る所にアンティークのテキスタイルや

お洋服などが盛りだくさんの店内!

 

 

全部見きれるかな?!とごきげんでお買い物していると

横でふざけてる人 約2名

 

そしてお店のお姉さんとお会計の交渉中

たくさんおまけしてくれてありがとう♪

 

今回の旅ではTGVやTRAMなど乗り継いで 蚤の市巡りをしました

うちのボーダーズは やっぱりボーダーが気になるのか、、

 

ヴァンヴではたくさんの人 •人 •人

 

店番をしながらも 何やら群がるムッシュ達

 

いったい何に使うんだろう…と思うようなモノもたくさん

 

おとぼけるムッシュー

 

笑う犬

 

えっ 本当にそれでいいの?…

 

 

 

 

 

 

この続きは26日発売のnu comfie vol.13でぜひご覧下さいね

 

 

それでは

 

 

 

 

 


2012 A/Wに向けて

 

 

 

先日2011A/Wのデリバリーを終えたばかりですが、2012A/Wの企画打ち合わせと、

2012S/Sのバルクの打ち合わせのため、フランスへ行ってきました

 

3日間をフルに使い移動に次ぐ移動を経て、数社の縫製工場、数社の生地会社での企画や打ち合わせをしてきました

アイテムや生地によってそれぞれ縫製工場をわけている為、長距離の移動はかかせません

フランスではTGVが通っていない地域が多く、車での移動をしていますが今回は3日で1000km以上の移動になりました

 

 

取引先の中にはブルゴーニュ地方ならではの見渡す限りぶどう畑といったロケーションにあり、

移動中はフランスの地方ならではの景色を楽しむ事が出来て、移動の疲れを感じません

 

 

 

製品を縫ってもらっている、縫製工場の社長は先日、自身も載った雑誌を見てとても喜びご満悦でした

従業員の皆さんから「いつになったら届くのか?」とつつかれていた様です(笑)

 

今回は工場や生地屋等の方からのご紹介で新たな工場からお話をいただいたり…

フランスのこんな田舎でもGARMENT REPRODUCTIONとしてやっている事が少しずつ浸透していってるのかな

と思う場面も何度かあり、嬉しく思いました

 

フランスの田舎を旅していると、蚤の市をやっている事があり、

そこで偶然にも心惹かれるヴィンテージウェアに遭遇する事があります

 

 

フランスの田舎町では日本人がとても珍しいようで、よく現地の方達に話しかけられます

そしてヴィンテージディーラーでもないのに古いワークウェアを好きで着ている人に出会い、色んな話をする事があります

ヴィンテージウェアとの出会いや、こういった人々との出会いがGARMENTの一部となっているのかもしれません

 

 

 

 

まだ2012A/Wへ向け、下準備を始めたばかりですが、

これから徐々に煮詰めて面白いEXHIBITIONを考えていきます

今回の出張では、今まで回数を重ねてきた事により、僕たちのやろうとしている事に理解や共感をしてくれて

協力的に仕事をしてくれるフランスの人々も増えてきていることを実感出来、実りのある出張となりました

 

 

さて次のステージへ

 

 

 

 

COPYRIGHT (C) CONFECTION Co., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.